知らないと損!安全な包茎治療の基礎知識!

包茎治療をしなければならない人

自分は包茎なのかどうか、悩んでいる人もいると思いますが、治療が必要な包茎の人はどれくらいいるものなのでしょうか。包茎が障害で性行為ができないケースは、本当にごく少数です。通常問題となるのは、真性包茎の人だけになります。真性包茎の人はとても少なく、仮性包茎なら特別に何かをする必要はありません。子供が出来るかどうかに包茎は関係ありませんし、性行為の満足感にも影響はないでしょう。衛生面に問題が起こる可能性があるという指摘もありますが、清潔にしておけば大丈夫です。

包茎治療で抑えておくべき基礎知識

ネット上では、仮性包茎でたくさんの人が悩んでいるといわれています。それでも劣等感で悩んでいるのであって、身体的に悩んでいるわけではないものがほとんどです。包茎自体は、病気ではありませんから包茎治療のために手術をしたりする必要はないわけです。それでも包茎の悩みから脱したい場合には、治療を行っていく必要があります。インターネットを活用して、治療に関する情報収集を行い、治療の相場をきっちんと把握しておきましょう。

包茎治療の種類の紹介

包茎治療は通常切除手術を思い浮かべる人も多いでしょうが、切らない治療法も存在しています。切除手術の場合は、皮を切ることが主なものです。デメリットとして傷跡が残ってしまうこともありましたが、技術が高くなっているので、安心できるものです。切らない治療法としてステロイド剤を使うものがあります。皮膚を柔らかくすることで、剥けることを促します。また包茎状態を解消するためにリングなどの矯正器具を利用したり、自然に消失する糸で包皮を固定する方法があります他には、医療用の接着剤で包皮をはぐという方法もあり、各人の状況により選択することが重要です。治療すると決めたらクリニックで十分に相談して治療法を決定しましょう。

包茎とはペニスの先端の亀頭が皮に包まれたままの状態のことを言います。仮性と呼ばれるものはその状況により皮がむけて先端が現れることもあります。